トップ
ポポ・ブラジル ルジラブ・ポポ

加トちゃんぺ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
審判問題というより、一人の問題。
名前は出さないが、Jリーグの試合を裁く審判で、この人に当たったら最低という人がいる。

その人は、敵味方問わず、がっかりさせる。

審判の権威とカードを取り違えている。

試合を壊す。

試合を壊すのが、審判生活で1回や2回だったらいい。

それが、月に1回や2回だったどうだ。

しかも、問題ありということで、香港に研修に行ったり、J2でしばらく様子を見たりしたあとだったらどうだ。

サッカー協会の人や、審判の委員会の人は、サポーターよりも、いろんな試合を見ているし、客観的にっ見ることができるだろう。それらの人は、問題を感じないのだろうか。

SRになってくれる人がいないから、少ないSRを大切にしているのだろうか。育成に金がかかったから、審判の指名をやめられないのだろうか。

いい試合するため、見せるためにリーグは努力するべきだと思う。いい試合をぶち壊すのがわかっている審判に試合を任せるのは、リーグの責任を果たしていない。

審判名の発表があって、ため息が出る審判は多くいるが、試合を壊さないことだけを祈る審判が試合を裁く限り、観客は減っていく。
増えるのは、疑惑の場面のyoutube画像と不必要なカードと出場停止だけだ。

こんどは、どこの国に研修に行かせればいいんでしょうか。
[PR]
by dancing-man | 2007-06-23 15:52 | サッカー
<< U-23代表 対U-23グアテ... 後部を歓迎してください! 驚き少年! >>